●しつけ教室4

3月26日(日)、しつけ教室4回目に行ってきました。
まずは前回の復習、アイコンタクトをしてから、
一緒に歩く練習をしました。

アイコンタクトしながら、犬と一緒に歩きます。
この時の注意点は、リードを緩めた状態にすることです。
1b20170327 040

2b20170327 041

3b20170327 045

4b20170327 049
ご褒美は自分のあごの下か犬の鼻先に持って行き、
アイコンタクトしながら、左右どちらでも歩けるように練習しました。


続いて姿勢の維持の練習
お座りをしたら、手を自分のあごの下に置いてアイコンタクト
できたら、OKで解除してあげます。
5b20170327 094

伏せの姿勢の維持の練習
①おやつをあげる→②手を自分のあごの下に持ってくる
を繰り返して行い、手を自分のあごの下に持って来ても
伏せの状態が維持できているようにします。
6b20170327 106

7b20170327 108

8b20170327 110

9b20170327 118

プーコがすぐに伏せからお座りになってしまうので、
連続しておやつをあげて、伏せが維持できるようにしましたが、
これは難しかったです!!

そこで、しつけ教室の先生からアドバイスを受けました。
それは、自分の足の下をくぐらせることで、
伏せの状態が維持ができるように練習することです。
10b20170327 128

11b20170327 133

12b20170327 135


続いてハンドタッチの練習
両手におやつを持ち、「タッチ」で片手を出して
犬の鼻が手に当たったら、反対の手からご褒美をあげます。
13b20170327 141


最後は、体をさわる練習
あごの下、マズルをさわって、
褒め言葉をかけてからご褒美をあげます。
14b20170327 144

15b20170327 154


第4回目の内容のまとめ
16b20170327 155

「待て」について、教わりました。
一般的な「待て」は、「待て」の後にご褒美ですが、
トレーニングの「待て」は、「待て」の間にご褒美をあげて、
「OK」の後は、ご褒美をあげないそうです。
その方が、犬は「待っていると、その間にいい事がある」と思って、
「待て」が好きな子になるそうです。

これから、プーコといろんなところへお出掛けするのに、
「待て」はとても重要なので、
「待て」が好きな子にするための方法は
とても参考になりました!!

プーコ、ちゃんと「待て」ができるようになって、
これからたくさんお出掛けしようね(^^♪

コメント

非公開コメント

No title

このしつけ教室は
何回シーリーズですか???
マンツーマン???
ゆったりと教えてもらえそうで良さそうですね。
プーコちゃん がんば!!!

Re:

ハリー&胡子ママさん、しつけ教室は全5回です。
次回で最終回となります。1回、約1時間位です。
プーコと同じくらいの月令の子ばかり、4組で受講しています。
1組ずつチェック、指導してもらえるし、
お困り事など、個人的に相談もできるのでいいですよ。
大切なのは、終わった後次回までの間に復習することかしら~
あと1回、頑張ります!!